みんなのお財布ストーリー

みんなのお財布ストーリー(1)デザインと機能のシナジーが嬉しい、ずっと持っていたくなる財布  

Pro S世代の買い物で、そこそこ値が張って、慎重に選びたいもの・・・お財布。数ある身の回りのものの中でも、財布選びには時間をかけている人も多いのでは?今回は、S Writerのお気に入りのHIROKO HAYASHIの長財布をご紹介。

 
まず、外面は、あまり見かけない、ブラウンXホワイトのレザーの型押し模様。凹凸がしっかりついてて、立体感ある感じがお気に入り。

この型押し素材、汚れや傷にも強い。粗雑な性格のWriterだけど、この財布に傷も汚れもまだないし、つきそうな気配もない。そんな意味でも安心してガンガン使えそうな感じがお気に入りポイントのひとつ。


そして最大のウリは、内部。実は、財布の形はとても変わっていて、広げると、日本の折り紙のような形状で、小銭が増えちゃっても安心の大きなポケットがドーンと。

 

入っている小銭が一望できるだけでなく、カード・紙幣も一度に見ることが可能。レジで、いろんなポケットを開閉することなく支払いを済ませるというデザインと機能の合わせワザ。

 


サイズは少し大きめ充実のボリューム。ランチに出るとき、クラッチバックのように持ち歩く感じも、また良し。


この変わった形のお財布を考案したのが、ミラノ在住の日本人デザイナー林ヒロ子さん。「CHICCHISSIMO:シッキッシモ(CHICの最上級を意味するイタリア語)」をキーワードに遊び心と独自の価値観を持った大人のためのブランド、とのこと。形だけでなく素材や配色にもこだわってるみたい。もちろん、今回ご紹介した形・素材・色以外にもいろんなパターンを取り揃え。全国のHIROKO HAYASHI, GALLARDAGALANTE, BEAMS, aguagirl , ワールドオンラインストア等(S Writer調べ)で買えるみたい。


ちなみに、S Writerはこのブランドの財布を愛し、使い続けて10年、今のもので3個目。自分が好きなものを持ち歩けるって気持ちいい!!

by Aiko

広告